ついていくか残るか…それが問題だ

公開日: 海外赴任前の準備編

koma3_72

タモリさん、お疲れ様でした

仕事か家族かなんて選べないけど選ばなきゃ。

どっちも大事!でも私の場合は旦那のそばにいることの方が大事…。
というわけで私は「ついていく」という選択をし、駐妻の世界に足を一歩踏み入れました。
デザインというスキルを一応持っているので、帰ってきてもどうにか復職できるだろーという甘い考えももちろんありましたが(^^;
(仕事を選択して日本に残った女性を知っていますが、彼女もパートナーをとても愛しています。夫婦の形はそれぞれで面白いですね♡)

現地で働けばいいじゃん!…それが難しいんです。

ビザには色々な種類があって、現地で働くには「就労ビザ」というものが必要になります。
旦那は日本の会社から台湾の会社に異動したのでもちろん就労ビザを持っています。
ですが私が持っているのは「帯同家族用ビザ」で働くことが認められていません。
そもそも駐妻が働くことを禁止している会社が大半だそうです!
旦那の会社は運よくOKで、現地の会社になんとか就職すれば雇用主が就労ビザを申請してくれるので問題はなくなります、が…最低報酬が現地の人よりもかなーり高めに設定されているという噂(^^;
ここらへん、もうちょっと詳しく調べる必要ありですね。

貝的まとめ

何らかの形で仕事はやっぱりしたいなぁと思います。仕事をしたくてもできないジレンマを抱える駐妻さんは案外多いようです(^^;

前回の漫画で「孤独な戦いが…」とか書いておきながら、なぜいきなりお気楽モードになったのかは次回明らかに_(:3」∠)_

☆人気の台北情報ブログはコチラ☆
にほんブログ村 海外生活ブログ 台北情報へ

☆Twitterでもつぶやいています☆

  • profile
  • follow us in feedly


PAGE TOP ↑