海外への引越しにプライバシーなどない

公開日: 海外赴任後の色々編

koma10_72

税関はPCまでチェックしないと意味ないような(断固拒否するけど)

海外への荷物は税関に開けられることがある

「CD」「DVD」「ゲーム」などは税関で開けられる可能性が高いそうです。
実際、先日我が家に届いた船便でも、漫画の通り「CD」「DVD」と書いた段ボールのみ開封された跡がありました。
パッケージだけ確認したのか、中身までガッツリ再生したのかは謎ですが、

  • ◆アダルト
  • ◆海賊版
  • ◆とにかく違法なもの

これらは日本で処分しておく方が良いと思います。
無用なトラブルの火種は絶っておくに限ります(^^;

CDやDVDはどうやって送ればいいの?

「税関で開けられる」ことを前提に梱包をするとよいです。あちこち分散させずになるべくまとめて梱包すれば、開けられる段ボールが少なくなります。
どうしても見られるのが恥ずかしいものは、赴任時に自分で飛行機で持参しましょう。

ビニールのカバーや値札が付いたままだと課税されることも

「CD」「DVD」「ゲーム」と書かれていない段ボールも運悪く開けられてしまうことがあります。(作業員さんの気分次第という噂も…)
その時に新品に見える商品が荷物に入っていると、自分用のものでも商売目的の持ち込みと間違われて課税されてしまうことがあるそうです。
ビニールカバーは必ず外し、値札も取って、使用感をうまく演出しておくと安心です。※特に化粧品は注意とのこと

貝的まとめ

まぁそもそも日本の引越し業者さんがものすごーく丁寧に梱包してくれるので、その時点でプライバシーなど星の彼方です…。
下着とか恥ずかしいから事前に自分で梱包しておいたのに、甘かったらしく、やり直されましたよ…orz

☆人気の台北情報ブログはコチラ☆
にほんブログ村 海外生活ブログ 台北情報へ

☆Twitterでもつぶやいています☆

  • profile
  • follow us in feedly


PAGE TOP ↑