やっと台湾→日本へライチの配送を注文しました

公開日: 台湾暮らし編

raichi

ライチの発送はどこも6月上旬からのようです♪

どこで注文しようかな?

以前に、 台湾も今日が母の日!日本にライチを贈ろうか悩み中 という記事を書いてから約2週間とちょっと…ようやく業者を決めました!

 
え…楽天?せっかく台湾にいるくせに…楽天??
そうです、日本の楽天です…(^^;

3kgってやっぱり多い…

以前の記事で書いた業者さんは3kgで2400台湾ドル、約8000円でした。

台湾の市場でもうライチは出回っているので我が家でもうまうま食べているのですが、1Kgを消費するのに2人で5日かかっています。
すごく美味しいのでパクパク食べられるとはいっても、1日1人4個程度で満足。(美味しいものは大事に食べる、という貧乏性のせいかも…)

1kg大体30個~60個ぐらいの実がついているそうで、核家族化が進んでいる日本では3kgは多すぎる~!

でも台湾ライチの収穫は1ヵ月だけ…期間限定の希少なフルーツをたっぷり味わってもらいたい気持ちも…!葛藤!!(笑)

台湾から送るライチは生!

1度両親に3kg送って、そこから余る分をそれぞれの兄弟に転送してもらうというのも考えたのですが、手間をかけさせてしまう上に鮮度が落ちます…。

ライチ自体は10日程持つそうなのですが、日本に送る場合は空輸や検査に時間がかかるので、届いてから2、3日で食べきるのがベストとのこと。

というのも「一切冷凍しない!」というのが台湾ライチのウリ!

日本で売られているライチは高いうえに、冷凍して空輸しているから水分が抜けているんですね~。(日本で食べたことないくせに語ってみる…)

1kgずつ送ることにしました

悩んだものの、結局は美味しく食べきれる量を送るのが親切という結論に至り、楽天で注文しました。
1kgからのセットが台湾で見つからなかったんです…もしあればそっちの方がきっとお得なので残念。

6月中旬~下旬には届くそうなので楽しみです♪

減った分安くなったので、それぞれの兄弟にも送ってみました。もはや母の日関係ないですね(笑)

貝的まとめ

台湾生ライチは日本からも注文できることが分かり複雑な気持ちになりましたが、なんとか親孝行ができそうで安心しました^^

まだ間に合うようですのでこの機会にぜひ~まだギリギリ間に合います。

最近4コマが描けてないので、台湾師範大学シリーズが終わったら赴任前の手続きあたり4コマにしてお届けしたいです~。

☆人気の台北情報ブログはコチラ☆
にほんブログ村 海外生活ブログ 台北情報へ

☆Twitterでもつぶやいています☆

  • profile
  • follow us in feedly


PAGE TOP ↑