台湾駐在員の家探し…私達、ここに住んでもいいんですか?

koma29_72

手を伸ばせば届く距離に何でも置きたい派です

不動産屋さんと家探し♪

ie3

【↑土地勘がない場所での家探しは本当に大変…】

旦那の渡台後すぐの仕事は挨拶回り、そしてあの不動産屋さんと一緒に新居探し。

帯同する家族もパスポートさえあれば同行可能です。

家に長くいるのは結局は妻、今後の仕事のことで頭がいっぱいのご主人に任せっきりにせず自分の目で見た方が安心です。

特に男性の場合は部屋の中身と通勤時間ばかりを重視して、

  • ◆周辺にスーパーがあるかどうか
  • ◆夜でも街灯が明るくて見通しが良いか

などの周囲の環境は気にしないことが多いようで^^;

私も当初は一緒に行く気満々だったのですが、体調が悪かったので断念しました。

でも今は気軽にPDFや写真、動画を共有できますし、周辺環境はグーグルマップとストリートビューで確認できるので、同行しなくてもそれなりに家探しの臨場感は味わえましたよ^^

台湾の日本人駐在員が住む家

ie1

【↑これ…我が家の天井です…(未だに違和感)】

自慢ととらえられるのを覚悟で書きますと、駐在員の家ははっきりいって豪華です。パッと見ホテルのようです。

立派な家具も最初から一通りそろっているので余計にそう見えるのかもしれません。(日本で処分してきた家具は絶対に似合わない…)

今やニート主婦の私にも、東京で毎日24時過ぎまで働いてワンルームに寝に帰るだけの生活を送っていた時代があるのですが、そのころの自分が知ったらショックを受けると思います…いや、受けるね、絶対。

一応、「もっと安くて小さい家でいいよ!どうせ帰国したら社宅だよ!と主張もしてみたのですが、不動産屋さんが紹介してくれるのは会社が負担してくれる家賃の上限ぎりぎりの物件ばかり。

他の国の駐妻さんに聞いたのですが、「皆同じくらいの家賃の方が平和で面倒がないのかも?」とのこと。確かにそうかも。

ちなみに日本人駐在員に紹介してくれる物件なら大抵トイレに紙も流せますのでご安心ください。※念のため聞いた方がよいです

あとメイドさんや運転手さんはいません(少なくとも我が家には 笑)

結局皆どこに住んでいるの?

ie2

【↑日本人が多い地区はやはりあります】

  • ◆天母地区
    台北きっての高級住宅街です。そのため他の地区に比べるとやや古い物件に住んでいる方が多いようです。日本人学校があるため子連れ世帯が自然と集まっており、日本にいるのと変わらない感覚で過ごせるとのことです。
    ※天母在住の駐妻さんが「TVで日本の番組を見ているときに台北を特集していて、思わず”いいなぁ行ってみたいなぁ”とつぶやいてしまった…」とおっしゃっていました(笑)
  • ◆中山地区
    単身の方や若い夫婦が多いのが中山地区です。カフェやサロンが多くおしゃれな印象です。何でも揃うので買い物にもとても便利。通りを歩いていると日本語がよく聞こえてきます。日本人駐在員の心の拠り所・林森北路に行きやすいというのも人気の理由のひとつのようです。

私はどちらでもない地区に住んでいるので又聞き情報なのですが^^;

最近では子供を日本人学校でなく地元の普通の学校に通わせる世帯も増えてきているようで、昔ほど「日本人=天母」ではないそうです。

私の周りの日本人駐在員は、台北駅より北、松山機場より西のあたり(つまり台北の中心地)の範囲に住んでいる方が多いです。

私の周りの台湾人の友人は中心地から離れた新店や東湖、もしくはお隣の新北市に住んでいることが多いです。

(参考)台北MRTの地図はコチラ

台湾の家と日本の家は微妙に違う

台湾は沖縄よりも実はずっと南に位置しているため、家の素材も間取りも日本とは微妙に違います。

駐妻の友達の話を聞いては驚き、台湾人の友達の家に行っては驚き…未だ興味はつきません。

具体的にどう違うのかについても書こうと思っていたのですが、長くなってしまったので次回の記事のテーマにしたいと思います。

貝的まとめ

今私が住んでいる家には、台湾には珍しくフローリングの5畳程度の小部屋があり、私専用部屋と化しています。

旦那は「ごちゃごちゃして汚い…」と近づきませんが(失礼な!)、快適で一番集中できる場所です。

このブログもそこで更新しています…狭い方が慣れているのでやはり落ち着くんですよねぇ…。

そして予想通り掃除は超☆絶!!めんどうです。ブタに真珠…私に広い家…^^;

☆人気の台北情報ブログはコチラ☆
にほんブログ村 海外生活ブログ 台北情報へ

☆Twitterでもつぶやいています☆

Comment

  1. どんぶり子 より:

    街中のすてきなマンションにお住まいなんですね。便利なところでちょっと羨ましいです。私は、台北市のはずれの南港に住んでます。
    マンションは、分不相応な、ステキ部屋です。お隣さんは、お医者さんで、住み込みのベビーシッターさんがいます。(つまり、そういう人たちが、オーナーのマンションなのです。) 以前は、横浜に住んでいたこともあるので、住宅事情は、貝ちゃんと似たりよったりです。家具家電付きは便利ですよね~
    あと、来週から、臺灣大学の中文クラスにお世話になることになりました。
    オリエンテーション行ったら、若い人も、そうでない人もいたので、安心しました。
    ついでに、クラスメートとの会話も英語で問題ないので、楽しく勉強できそうです。

    • KAI より:

      コメントありがとうございます!

      はい、私も「分不相応」という言葉がぴったりなマンションに住まわせてもらっています。借りぐらし感ハンパないです…。
      家具家電付きは便利だなーと思う反面、「自分の部屋」という感じがしないのが困りものです。通販で探しまくった1000円のPC机(引越し時に処分)とかが恋しいときもあります(笑)

      いよいよ臺灣大学デビューですね!どんぶり子さんのブログを見て陰ながらエールを送っておりました。←シャイ
      私は英語が全くダメなので、まさに今日から中国語と並行して英語の勉強開始(どっちも自習だけど…)です。お互いに頑張りましょうね^^

  2. Sachi より:

    はじめまして。こんにちは♪

    夏に引っ越してきたばかりの
    駐妻初心者です。

    せっかくの海外生活、
    駐妻の先輩達と行くランチもいいけれど
    そろそろ本気で北京語やるか?
    (駐妻以外のお友達ができるかもしれないし…)
    と思って検索していたら
    こちらのサイトを発見しました。

    これからも更新楽しみにしています〜♪

    • KAI より:

      こんにちは!コメントありがとうございます♪

      私も今年の春に来たばかりの台湾初心者ですよ~^^
      そんな私が偉そうに言うのもなんですが、中国語の勉強はやっておいて損は絶対にないです!
      中国語が話せなくたって楽しい台湾生活は送れると数多の駐妻さんたちが証明してくれてはいます。
      とはいえ現地の人と話したり現地の情報を自力で収集するのもまた違った楽しさがあるので、是非是非本気出しちゃってください(笑)

      今月末の中国語検定が終わったら色々と学習の記事も整理して書きたいと思っています。

  • profile
  • follow us in feedly


PAGE TOP ↑