中国語検定3級合格のためにしたことまとめ

公開日: 中国語学習編

study

中国語検定3級合格しました!(リ/100 筆/88くらい?)※まだ詳細が届いていません

2014年中国語学習の記録

今は12月なので、中国語の勉強をはじめてから10ヶ月が過ぎたことになります。

  • 2014年中国語学習の記録
  • 2月 旦那が台湾に一足早く赴任 中国語学習アプリで遊びはじめる
  • 3月 退職 中国語検定準4級合格
  • 4月 台湾移住 中国語のアニメをたくさん見はじめる
  • 5月 中国語検定4級対策をはじめる
  • 6月 台湾師範大学語学センター入学 中国語検定4級合格 週3回言語交換開始
  • 7月 午前中は言語交換、午後は大学と勉強漬けになる
  • 8月 台湾師範大学語学センター(勝手に)卒業 学期末テスト96点
  • 9月 中国語の幼児向けアニメが字幕なしでもなんとなく分かるようになる
  • 10月 中国語検定3級対策をはじめる 繁体字の小学2年生用ドリル開始
  • 11月 中国語検定3級合格 言語交換を週4回に増やす
  • 12月 突然英語の勉強をはじめる(ぇ) 繁体字の小学3年生用ドリル開始

中国語検定3級は4級、準4級と比べるとそれなりに難しく感じはするのですが、あくまでも延長線上といった印象でした。

出題形式もほぼ同じなので、準4級、4級と順調に合格してきている方はそのままの勉強方法を続けて問題ないと思います。

中国語検定準4級対策の記事はコチラ

リスニング対策

今回初めてリスニングで100点を取ることができました。

3級の時点ではリスニング問題に「ひっかけ」や「ひねり」はありません。つまり、単純に聞こえてさえいれば100点を取ることができます。

効果があったな、と思うのは次の2つ。

  • ◆中国語学習アプリで遊ぶ
  • ◆中国語のアニメをたくさん見る

中国語学習アプリで遊ぶ

これまで何度もおすすめしてきましたが、やはりまずはアプリで耳を慣らしておくとその後の勉強も楽になります。CDでもOKですが、本を用意するのが面倒で…(^^;

以前おすすめのアプリについて記事を書きましたが、レベルが上がるにつれて開かなくなってしまったものも多く…そんな中新しく見つけて日課となっているのがこちら↓

中国語学習プランーHSK2ヒアリング
カテゴリ: 教育
現在の価格: 無料
中国語学習プランーHSK3ヒアリング
カテゴリ: 教育
現在の価格: 無料
中国語学習プランーHSK4ヒアリング
カテゴリ: 教育
現在の価格: 無料

中国語検定関連のアプリでよいものを見つけられずHSKですが、特に問題はありません。とにかくたくさんの一問一答問題を無料で聴きまくり、解きまくれます。

私は4級合格後すぐにこのアプリのHSK4を試したのですが全く歯が立たず、HSK3でもダメで、HSK2からスタートしました。(結構ショックでした 笑)

1アプリにつき350~450問程度のリスニング問題があるので、それらを全部正解したら削除して次のレベル、また全部正解したら削除して次のレベル…と進めていくと実力はかなりつきます。

ちなみに中国語検定3級受験直前でHSK4半分、現在はHSK5を開始したところです。

※有料版(広告なし、スピード調整機能)を買う必要はありません。広告はストレスを感じる場所にはありませんし、スピードを変えるくらいならひとつ手前の級からスタートした方がよいからです。
※ピンイン、和訳はついていないので、本当の初心者にはおすすめしません。
※アプリの造り自体はかなり雑(失礼)ですが無料で問題量がとにかく多いので目をつむりましょう。
※毎日○問モード?は無視して、自分のペースで隙間時間に進めることをおすすめします。単純に楽しくないからです…。

3級に向けてのリスニング勉強は、ほぼ上記のアプリのシリーズしかやっていません。

↓のリスニング対策本も買いましたが、結局あまり手を付けずに眺めるだけで終わってしまいました;

中国語のアニメをたくさん見る

私は大人向けアニメにはほとんど興味はないですが、子供向けアニメが大好きです。

日本のアニメでいえば、「クレヨンしんちゃん」とか「世界名作劇場」とか「ジブリ作品」とかそのあたり。

台湾に来てから知って大好きになったのが「Peppa(粉紅豬小妹)」です。毎日頻繁に放送してくれているので飽きもせずに見ています。

「Peppa(粉紅豬小妹)」の世界観が大好きで、見ながら聴写(ディクテーション)をしたり言語交換のネタに使ったりしているうちに気づいたことがあります。

  • ◆他の幼児向けアニメと比べても、ひとつひとつの文が短い
    …真似しやすいです
  • ◆説明が少なく、会話が多い
    …会話練習にもってこいです
  • ◆5分と短い(大事)
    …集中力が続く絶妙な長さです
  • ◆字幕がなくても表情と動きだけで内容がなんとなく伝わってくる
    …学習者にとって字幕はありがたい存在ですが、リスニング練習中は確認だけにとどめたいものです

アニメでなくてもドラマ、バラエティ、映画と教材は無限にありますが、難しすぎるものを選ぶと意欲が萎えるのでご注意ください^^;←バラエティで挫折した人

筆記対策

単語と慣用表現の量が増えるくらいなので、暗記勝負なことに変わりはありませんでした。

効果があったな、と思うのは次の2つ。

  • ◆筆記対策問題集を解く
  • ◆過去問を解く
  • ◆文法の疑問を検索して解決する

筆記対策問題集を解く


定番の一冊ですね。過去問よりも難しめの内容がぎっちぎちに詰まっています。

私は一度完全に解けた問題には印をつけて、しらみつぶし作戦をしました。(勘で正解した問題にはつけません 笑)

どうしても理解できないところは言語交換相手に質問して、それでも分からなければまた違う言語効果相手に質問して…

何度も質問を繰り返しているうちに記憶に定着するのか、なんとなく分かるようになるから不思議です。

過去問を解く

「過去問から出題されることはないからやるだけ無駄だ」という意見もあるようですが、私は絶対に目は通した方がいいと思います。

実際、毎年の出題パターンって似ているんです…過去3年分くらいは実力チェックもかねてやってみても損はないのではないでしょうか。

過去問を解いてみたら30点しかとれなかった…なんて場合は、余計な受験料を払わずに済みますしね^^;

文法の疑問を検索して解決する

上記の筆記対策問題集文法の解説はコンパクトにまとまっている分、物足りなさを感じてしまうことがあります。

そういった場合は、疑問をそのままネットで検索してみると解説に巡り合えることがあります。

「自分が感じた疑問は、以前にも誰かが疑問に感じている」と信じて探してみましょう。

…と言いつつ、私自身実は文法苦手なんです;問題も「なんとなくこの語順じゃないと気持ち悪い」とかで正解を選ぶタイプです。

なので以下のようなサイトを時々見て勉強しています。(でも相変わらず苦手…)

台湾の試験会場

中国語検定は台湾でも受験することが可能です。※試験は簡体字です

会場は天母にある日本人学校です。小学校の教室で受けるので懐かしい気持ちに浸ることができます。

次の試験は2015/3/22(日)、申込期間は1/15~2/16です。お忘れなく~。

貝的まとめ

ちなみに旦那は残念ながら4級に引き続き3級もリスニングで不合格となってしまいました。
毎日24時近くまで仕事をして、時には休日出勤も…そんななかよく勉強した方だと思います;(旦那の職場は日本語と英語…)

私は毎度のことですが、次に2級を受けるか迷っています。
「旦那と一緒に受けたいから」…ではなく、「単純に落ちそうだから」です!(笑)
2級は別次元に難しいとは聞いていましたが、まさかここまでとは…。

言語交換についての記事を年内に書きたいです。

☆人気の台北情報ブログはコチラ☆
にほんブログ村 海外生活ブログ 台北情報へ

☆Twitterでもつぶやいています☆

  • profile
  • follow us in feedly


PAGE TOP ↑